新興宗教ではありませんが、あなたは加圧式トレーニングを信じますか?

最近三宮で今年4月発売されたカーツを購入しました。これを着てわずか十数分の軽い運動をするだけで1時間以上の激しいトレーニングに匹敵する効果が得られるという、にわかには信じがたいウエアです。(尚右の写真は私ではありません。)

半信半疑で購入するにはちと高かった(写真の上下で税別37,000円)のですが買ってしまいました。 昨日はアームカールとワンハンドフレンチプレスを2.3kgのダンベールで、今朝は2kgのアンクルウェイトを使用してスタンディングレッグカールとレッグエクステンション、カーフレイズをしました。 3時間以上たったいまでもまだ足が辛いです。効果があるかどうかは解りませんが、短時間できわめて軽量のウェイトで著しく疲労できるので面白いかもしれません。でもためしてみて効果が無くても私に文句は言わないでください。 また鬱血状態でトレーニングするので正しく使わないと体への悪影響が考えられますのでお試しになる場合はあくまで自己責任でどうぞ。

 

キーワードは『成長ホルモン』

かつて「成長ホルモン」はその名の通り、ほとんどの細胞や組織の成長を促すものと長い間考えられていました。
ところが1980年代になって、成長ホルモン欠損症(GHD)が体脂肪の増大を伴うということで、GHD患者に成長ホルモンを投与すると体脂肪が減少することなどがわかってきました。

成長ホルモンは年齢とともに著しく低下するホルモンのひとつだそうです。
アメリカでは若返りのために各種ホルモン剤などを身体に補充する「若返り医療」が数年前より行われているそうです。
血中のヒト成長ホルモン(HGH)濃度を30歳ころのレベルに保つよう注射で補うことにより、実際の年齢より10年以上若い外見や体力を手に入れるということらしいのです。


日本でも最近はじめだした病院もあるそうですが、費用が最初の初期検査だけで30万円前後。ランニングコストも ホルモン補充療法をどの程度まで行うかで値段が違うそうですが年間約350万円〜約400万円と高額になるそうです し効果を得るため(維持するため?)には長い年月続けなければいけないそうで普通の経済力の人にはまず無理です。(^^;) インターネットなどでも錠剤やスプレーが購入できるみたいですが、成長ホルモンは大変強力なホルモンですので医師の監視の 元以外で摂取するのは健康状大変問題があるので購入されない方がいいと言うより決して買ってはだめです。(ネットではさも問題がないように書かれていますが鵜呑みにしてはいけません。 中国のやせ薬の騒動を思えば当然のことです。無認可の薬物等を体内に入れてはいけません。あとで取り返しがつきません。これぐらいと思う油断が一番危ない。)

 
そこで最近脚光を浴びている?のが『加圧トレーニング』です。
加圧筋力トレーニングは、この成長ホルモンを上肢や下肢の基部に専用の加圧ベルトを巻くだけで、自身の身体から作り出すトレーニング法です。
また自分の体内で作られるので健康上の問題も無いそうです。
 

この加圧式トレーニングは血液の循環を制限するので専門家の指導が無いと危険なので出来ないそうですが、フェニクスの「カーツ」(専門アドバイザーがいる店鋪でのみの販売)を購入すると家庭でもこのトレーニングができるようになります。 ただし公表されている実験結果は東大の石井教授の指導の元、カーツとは違うベルト(専門家の指導が必要な物、たぶんカーツでは安全性のためそこまで加圧できない? わかりませんが)を使用しておこなわれたデータですので家庭で自分で行って同じ結果が得られるかどうかは知りません。 でも自己判断でよぶんに加圧はしないほうがいいです。加圧トレーニングを開発した人も、最初加圧しすぎて病院に運ばれたそうです。体に障害がでてからではどうしょうもありません。 専門家の指導の無い分安く?できますが効果的に血液中の乳酸をためる方法 (石井教授によると加圧トレーニング後には血中乳酸濃度などが極めて高いそうで、その結果筋肉がだまされていると考えられるそうです。また使用するウェイトが重すぎると筋収縮のポンプ作用で血液が流れてしまい、かえって加圧の効果が薄れてしまうそうです。)を試行錯誤していく必要があります。

つまり魔法のウェアではありませんので専門家の指導の無いぶん自分で考えて使わないと効果はさほどでないと思われます。私も素人ですので質問はご遠慮ください。乳酸をうまくためる方法でトレーニングをする。これが解らない人または効率的に効果を得たい方は専門家のサポート(当然毎回有料)を受けれる商品を買って(商品だけで10万円以上したと思う)ください。ゴルフの杉原選手は毎週1回東京まで1時間の加圧トレーニングを受けに行かれているそうです。

July 24,2003