今年9月持っていて使用していなかったフイルム式カメラやレンズを売却し、発売されたばかりのPentaxのデジタル一眼レフ*ist Dを購入しました。35mmカメラのレンズが使えるのはいいのですが、CCDがAPSサイズのため画角は約1.5倍になってしまい望遠側はもんだいないのですが広角側が20mmぐらいのレンズを使用しないとかなりきびしくなります。20mmレンズとなるとお値段が大変お高くなりおいそれと買えないのでどうした物かと思案しておりました。が、ありましたレンズメーカのレンズより安く性能は申し分ないと言われているレンズが、ロシアレンズです。ロシアレンズはM42というマウントを使用しており、これは昔ペンタックスが使用していたマウントで今でもペンタックスは自社のカメラ用に1000円でマウントアダプターを発売しています。インターネットでしらべミール20mm/3.5と言うレンズを購入し取り付けてみました。このレンズはなんと18センチまでの近接撮影もでき、超広角レンズにもかかわらず画像の歪みが少ないのでスナップにも気軽に使えますし、巨大な前玉がかっこよくお散歩レンズに最適かもしれません。何十年も前に使用を中止したレンズマウントのアダプターを、今でも1000円で発売しているペンタックス社の姿勢には感心致します。勿論オートフォーカスや自動絞りといった機能は使えなくなりますが*ist Dのファインダーはマニュアルフォーカスができるように作られているし、なんと絞り込み測光でシャッタースピードが変化していきますのでさほど面倒なく使えると思います。

December 3,2003