NASとは、「Network Attached Storage」の略で、ネットワークに直接接続することでファイルサーバーとして利用できる単機能のサーバーのことです。ファイル共有というとPCにあるフォルダを共有に設定するのが一般的ですが、この場合は共有フォルダがあるPCが起動していないとファイルを共有できないという欠点があります。NASであれば手軽にファイルサーバーが構築可能となります。企業などでの使用であれば、サーバーPCを設置した方が効率的でしょうが、小さなOfficeや家庭といった環境ではNASを利用するほうが簡単で経済的でしょう。家庭向けのNASは知っている限りではI-Oデータ、ロジテック、メルコの3社から販売されています。

HD-LAN先日メルコのLinkstationシリーズのHD-120LANを購入しました。(http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/catalog/item/h/hd-lan/)

HD−H120LANとどちらにしようか悩んだのですが値段の問題でこれにしました。

CPUにモトローラ「MPC8241 200MHz」を搭載し、スループットは約72.5Mbpsを実現。消費電力は平均17W。本体サイズは173×180×68mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1.3kg。最大スループット72.5Mbpsの高速アクセスということでPCサーバーと比べても性能的には遜色がなく家庭での使用で性能が問題になることはありません。5年間もつかうことは無いと思いましたが、一応店の5年間保証を付けてもらいました。店が保証しているということは、たぶん通常の使用で5年間 故障することはほとんどないと思われます。心配した音も無音に近く、リビングに置いていますがまだ嫁さんには気づかれていません。もちろんLANのスピードは、USB 2.0やIEEE1394といったローカル・インターフェースには勝てず、それらと比較すればやや遅いという印象があるかもしれませんがそれはPCサーバーでも同じです。メリットとしてはパソコンが複数台あるばあい(ex ノートパソコンとディスクトップ)のデータの共有やディスクトップパソコンで録画したTVプログラムの保存やノートパソコンからの視聴などがあります。家では無線LANで使用していますがmpeg2のファイルでもストレス無く再生しています。設置方法もかんたんですし価格も+αなのでUSB接続外付けハードディスクとどちらを買うのか迷う人も多いかもしれませんね。

August 25,2003