« Hasselblad 2003 de 真壁 | メイン | 自転車の教科書 »

Pentax Q シリーズ用接写リング

AF Extension Tube Set for Pentax Q
ペンタックスQ7にQシリーズ用の接写リングをつけているところです。
06テレフォトレンズにつけているのは10mmで横にあるのは21mmと16mmの接写リングです。
撮影距離が短くなりすぎるので事実上使えるのは06テレフォトズームだけです。
それもワーキングディスタンスの実用性でいえば一番長い焦点距離で使うのが良いと思います。
レンズのAFは使えますがピントの合う範囲が極端に狭くなるのでほぼ会うところまで持っていき最後のわずかをAFで使うという使い方になります。

IMGP1095
Q7に06テレフォトズームのテレ側でほぼ最短距離で手持ち撮影です。
横にあるのは06テレフォトズームのフードですので大きさがだいたいわかると思います。
夜の室内ですので内蔵フラッシュを使ってます。
IMGP1096
これは10mmの接写リングをつけて手持ち撮影。
IMGP1097
16mmの接写リングをつけて手持ち撮影。
IMGP1098
21mmの接写リングをつけての手持ち撮影。
Qシリーズに06テレフォトレンズは内蔵フラッシュはレンズシャッターですので全速度同調しますので日中でも使えるのでマクロ撮影に便利な一品でしょうね。
動作範囲は狭いですがAFも動くのでMFに慣れてない方のマクロ撮影に便利だと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nkenji.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/3204

コメント

Qのアクセサリーも出てるんですね。

他社製品ですがこんなものも出てるんですね。

ごぶさたしております。
Q用の接写リングがあることにも驚きなのですが、電子接点付の接写リングってあるんですね。今まで存在を知りませんでした^^;

ところで、この記事をblogで紹介させて頂きたいと思っているのですが、kenさんが撮影された1枚目の写真、転載させて頂けないでしょうか?

びっくりですよね。
flickrで使われてる方を見たのでebayで探して注文しました。
写真は使っていただいて結構です。

ありがとうございます!早速書かせて頂きました!