« 4本ローラーでダンシング | メイン | サイクルジャケット »

レンコンプレッサー

IMGP9875
ドイツSKSのレンコンプレッサーです。
50年の長きにわたって発売されているロングセラーの空気入れです。
メンテをすれば数十年使い続けることができる耐久性を持った高性能な一品だそうです。
スポーツバイクの乗り心地はタイヤの空気圧で決まってくるそうなので同じ空気入れが長く使えるのはメリットだそうです。
(ロードバイクは毎日空気圧管理しなければなりません)
理由の一つに言われてるのが空気圧メーターには結構なばらつきがあるので同じポンプを使い続ける方がよいそうです。
標準ではマルチバルブ対応のポンプヘッドが付属してますが英式(ママチャリ用)は使えなくなりますが国産のヒラメヘッドに付け替えると使い勝手がさらに格段によくなるそうなので取り替えて購入しました。
新品での購入ですがお店でばらして内部にシリコングリスを塗られたりして渡されました。
そうした方がよいそうです。
最初からメンテしてもらえるのはネットでは無く専門店での購入のメリットですね。

IMGP9876
ママチャリにも空気をいれることがあるのでそれようの空気入れは別にいるのかなと思ってましたがネットで見ると簡単にアダプターをじさくできるので作ってみました。
パンクしたチューブから仏式のバルブを取り出していらないチューブを使って英式の取り付け部に付ければよいだけなんですね。
皆さん上手いこと考えておられますね。
家庭の自転車の空気圧の管理は旦那さんの仕事でしょうから自分の趣味の自転車にしか空気入れなければ大問題が発生するかもしれませんからね。
余ってる物を使って作ってますので余分な費用は0円です。
data54
日曜日も白滝林道経由でつつじヶ丘までヒルクライムをしてます。
GPSのデーターによると前日も走ってるのですが今までで最短タイムの38分52秒でした。
徐々に早くなってくれるとよいのですが。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nkenji.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/3475

コメント

空気入れ(圧力計付)ということでしょうか。
私も自動車用にいくつかエアーツールを所持していますが、結論から言うと計器は別途用意しています。
自転車でも多少重くなってもノーパンクタイヤがあるといいですね。

空気圧を一定にするためにスポーツバイク用の空気入れには圧力計付きです。
スポーツ自転車の場合ノーパンクタイヤはだめですね。
そんなにパンクすることも無いので軽さが優先になります。

ポンプも、色々なんですね。

いろいろですね。
50年も同じものが売られてるのもすごいですよね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)