« 足指パッド | メイン | アマサギ »

シークレットレース

IMGP4055
タイラー・ハミルトンさんとダニエルコイルさんの書かれたシークレットレースです。
図書館からかりて読んでみました。
ハミルトンさんはアテネオリンピックの金メダリスト(後に自分から返上)で3大ツールの一つジロ・デ・イタリアでは落車に巻き込まれ肩を骨折したにもかかわらず歯を食いしばり痛みに耐えあまりにくいしばったため11本の歯が歯茎にめり込んでしまいレース後回復手術が必要だったそうですが最後まで完走して総合2位でフィニッシュされるなど超人的なロードレーサーです。
引退後、全米アンチドーピング機関(USADA)がアームストロング氏のドーピング疑惑の調査のため接触しにきたときに悩んだ末にすべてを告白する決意をし当時のチームのオーナー、監督、チームドクターなど業界ぐるみでドーピングに手を染めていて国際自転車競技連合(UCI)も知りながら握りつぶしていたことを告白。
ジャーナリストのダニエルコイル氏の求めに応じて本書を書かれたそうです。
訳者の児島さんは最後に「この本は決して暴露本などと呼ばれるべき類のものではない。これは並外れた努力によって栄光をつかんだ男が、自らの過ちによってすべてを失い、真実と偽りのはざまで揺れ動きながら、愛する人や家族の支えによって再生を目指す魂の物語であり、サイクリングファンだけでなく、現代に生きる私たちすべての心を強くとらえ、深い感動とカタルシスをもたらす、スポーツ・ノンフィクションの金字塔である」と書かれてます。
想像を絶するような努力、栄光、ドーピングなどの影の部分、すべて絵空事ではなく本当にあったことを当事者が自ら書かれているので読む人を引き込むのでしょうね。

data75
土曜日のライドです。
激遅ですがアパートから標高540mのつつじヶ丘まで登って戻ってくるまで平均速度20kmで走ってるんですね。
最大心拍数も130未満と大幅に下がってます。
ヒルクライム中も入れてゾーン2までで走ってます。
後はもう少し早くなってくれれば良いのですが(^^;)。
IMGP4054
帰り購入したトマトです。
大安吉日と言う品種だそうです。
美味しく頂きました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nkenji.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/3506

コメント

真っ赤なトマト、美味しそうです。

茨城は農業県なのでその時々にいろんな物が売っています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)